まずは基本形、ドルコスト平均法3

ドルコスト平均法では、定期的に「金額」を一定として拠出する手法です。

対して、定期的に「口数」を一定として拠出する手法を、定量購入法とよびます。

 

「定量購入法」と比較して、ドルコスト平均法のメリットを考えてみましょう。

 

前回記事では、5ヵ月たった時点で、合計5万円を使って43,750口を取得しました。

あなたは、あらためて5ヵ月、投資をすることとしました。前回と同じく終了時に43,750口に取得できている状態にしたいと考えています。

そこで、あなたは、43,750口を5ヵ月間均等に分割して拠出することにしました。単価は、前回記事と同じ推移を辿ったとします。

1ヵ月目:1.0円、8,750口

2ヵ月目:0.8円、8,750口

3ヵ月目:1.6円、8,750口

4ヵ月目:2.0円、8,750口

5ヵ月目:1.0円、8,750口

 

結果はどうでしょう。

合計5.6万円掛かることになります。残念ながら、同じ口数を手にするのに、6千円余分に拠出するはめになってしまいました。

前回記事では、平均単価1.14円でした。対して今回は、平均単価1.28円で、割高です。

 

ただ、何か腑に落ちないです。

口数を一定にして拠出するといった発想を、そもそも持っていない人に対して、「定量購入法」を持ち出してきて比較されても困ってしまいます。

 

ではこの結果から、何か教訓が得られるのでしょうか。口数が一定なので、口数を除いた推移をみてみましょう。

1ヵ月目:1.0円

2ヵ月目:0.8円

3ヵ月目:1.6円

4ヵ月目:2.0円

5ヵ月目:1.0円

これをみて、つい「平均単価1.28円で推移した相場であった」と解釈したくなります。

実際には、たとえば、「2ヵ月目が安い」、「4ヵ月目から5か月目にかけて下落した」といった個別の理由があるはずなのに、

「平均」という強烈な概念で単純化してしまいがちです。

 

あなたは、「相場を当てる」自信はなくても、「相場を当てたい」とは願っています。

悲しき人間の嵯峨です。「平均単価1.28円で推移する」と、都合よく相場を解釈して運用してしまいがちです。

結果として、相場など気にせず定額で拠出するドルコスト平均法のほうが、割安な平均単価1.14円で、同じ口数を獲得できたわけです。

 

「定量購入法」を使う発想がない人でも、「平均」に振り回されてしまうことはしばしばです。

しかし、ドルコストと名の付く「平均」だと割安にできたわけです。

 

では、ドルコスト平均法だとなぜ割安となるのでしょうか。

次回お話しします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です