一通の郵便で目覚める

私の勤め先では2005年に、確定拠出年金(401k)に移行しました。

 

当時、何もわかりませんし、興味も持てませんでした。

勤め先では、2回ほど、運用のための教育を受けました。

ドルコスト平均法やら分散投資、リスクなどを学びました。

 

真面目で癖のない銀行系の人が講師でした。

怖いものやら面白いものやら、何か感じたほうがいいのだろうと思いつつ、

云われたことを理解するのにやっとでした。

そして、運用用のWebサイトにあるシミュレータから得た結果をみて、商品構成の比率を決めました。

おわり。

 

その後、まったくの放置状態でした。

いや、放置ではありません、拒絶でした。

 

運用開始後、2008年リーマンショックがやってきました。

制度移行時に高値でつかまされていた商品はどれも大暴落。

半年に一度郵送されてくる取引状況の報告書は、▲(赤字)のついた数字がびっしり並んでいます。まじめに見るのを拒絶してました。

そもそも興味が乏しいので、郵便の封筒を開けないで、捨ててしまっていたこともあります。

 

そして、2013年秋。郵便の封を切りました。

なんと、今回の報告書では、すべて△(黒字)ではありませんか。ナントっ。

 

しばらく、じっと眺めました。

思いました。「これからは、ずっと△(黒字)をキープしたい!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です