401kと株式投資の併用

受給開始の60歳までは引き落とせないのだから、気長に運用をしましょう。

その通りです。

 

気長であっても、「ときどきは資産状況をチェックしましょう」、と云われます。

出資額が保証されていないのだから、損失が発生するリスクがあります。

ときどきは、チェックして設定を見直しましょうと。

 

たとえば、半年に一度、確認しましょうと云われます。

自分の資産なのだから、「その程度の真面目さは持つべきだ」、「仕事が忙しくてもたまにだったらできるはず」、そうした前提で成り立っている年金制度です。

リスク資産の扱いを教えてもらったこともなく関心もなければ、まずチェックなんてしないでしょう。大多数の人は、401kなんて自分が加入していることさえ、よく覚えていません。

中には、半年に一度郵送される活用状況の報告書類には、目を通す人もいるでしょう。

 

でも、半年に一度みたところで、アクションを起こせますか?

損しているか得しているか把握できても、どの商品にいくら拠出するのが妥当か判断できますか?

そもそも、以前、何を根拠に運用の設定をしたか覚えていますか?

 

すべて、Noであっても不思議ではありません。半年に一度みたところで何もできません。

損失が発生していてショックを受けたり、あるいは含み益がでていて喜んだりはします。

でも、何をすべきかはわかりません。

 

私は、長い間、そもそも関心が薄く、ほったらかしでした。

半年毎の郵便も見ることなく捨てていました。ある年、大変な含み損があることがわかり相当なショックを受けました。そして、見るのも嫌になりました。

さらに年月が過ぎ、ふと通知を眺めると、含み益が出てていると知り、こんどは大喜びです。

 

でも、どうすればいいのだろう。

半年程度の頻度でチェックしても、何もできないとそのとき悟りました。

ともかく、関心を持続させなければなりません。

 

そこで思いついたのが、「株式投資との併用です」。

1株でも手にしたら、毎日値動きが気になるでしょう。

経済ニュースにも興味がでてきて、知識も増える。

その結果、401kに対しても判断できるようになるだろう。

 

「併用」が重要です。

401kと株式投資のそれぞれのメリットがありますので、併用することで心のバランスが取れ、世の中への関心も広がります。

結果として楽しく長期運用が実現できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です