利益確定:買いより売りが難しい5(重要)

前回は、買いより売りが難しい理由について、例題を挙げました。

答えはまだでした。

 

あらためて、例題を述べます。

————————————————————————-

■例題

————————————————————————-

0日目:

現在あなたは、単価3万円×4口=12万円を持っています。

1日目:

今日は時価2万円です。6口「買い」ました。

平均取得価額=(3万円×4口+2万円×6口)÷10口=2.4万円

となりました。

2日目:

次の日も、時価2万円のままでした。昨日と同じ6口、こんどは「売り」ました。

今の、平均取得価額は?


 




 

売買は、マーケットに「流動性」を与える大事な行為だと述べました。

流動性という語感から、「売り」と「買い」は等価な行為に思えるかもしれません。

1日目に6口買ったことで、平均取得価額は3万円から2.4万円に下がりました。

では、売れば、どうかわるのでしょうか?

 

実は、

売っても、平均取得価額は変わりません。

これが答えです。2.4万円のままです。

 

あなたの答えは、直感とおりのだったでしょうか。

買ったとき平均が変わったのだから、売ったときにも変わるのでは。そう考えた人が多いのかとおもいます。

 

あなたは、今日も明日も時価が変わらないという、ちょっと意地悪な例題に惑わされたかもしれません。

日々相場は動きます。日経平均株価に代表されるように、資産家も一般庶民も、「平均」を誰もが気にします。

日経平均株価は毎日動くのだから、動かなかった日なんて想像できないのは当然です。

売り買いをするとき、「損する」あるいは「得する」と多かれ少なかれ人の感情は揺さぶられます。その感情が、「平均も動く」と錯覚させてしまうのです。

 

実際には、変わるのは、保持している口数と元本だけです。


日  | 口数                | 元本


0日目 | 4口                 | 12万円

1日目 | 10口 (6口買)| 24万円

2日目 | 4口 (6口売)| 12万円


 

売るだけでは、平均取得価額は変わりません。

利益確定:買いより売りが難しい6(重要)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です