利益確定:買いより売りが難しい6(重要)

重要な話が続きます。

 

前回の例題です。

平均は変わらないのに、口数と元本は変わりました。


日  | 口数                | 元本


0日目 | 4口                 | 12万円

1日目 | 10口(6口買) | 24万円

2日目 | 4口 (4口売)| 12万円





でも、不思議なことが起きています。

さらに、時価と平均取得価額の推移も並べてみてみましょう。


日  | 口数                | 元本     | 時価   | 平均取得価額


0日目 | 4口                 | 12万円 | 3万円 | 3万円

1日目 | 10口 (6口買)| 24万円 | 2万円 | 2.4万円

2日目 | 4口 (6口売)| 12万円 | 2万円 | 2.4万円


 

じっくり、見てみてみましょう。

まず、0日目と2日目に注目してください。

 

売買を始める前である0日目、あなたは4口持っています。

2日目は、売買した結果、4口に戻りました。

では、平均取得価額はいくらになっていますか。

 

同じ口数を持った状態なのに、なんと、平均取得価額は、

3万円→2.4万円

に変わっているではありませんか!

 

売っても、平均取得価額は変わりません。」と前の記事で述べました。

もう一つ、大事な概念が加わります。

売買によって口数をもとに戻すと、平均取得価額は変わっている。

 

この何が重要なのでしょうか。

1日目と2日目の元本の動きをみてみましょう。

同じ時価で同じ口数、つまり、

12万円(=6口×2万円)

を買った後で売ったわけで、元本に損得は発生していません。

 

確定拠出年金(401k,DC,iDeco)のよいところは、ほとんどの商品で売買に手数料がかからないことです。

私の運用サイトで扱われている商品はどれもが、手数料がいっさいかかりません。

売買コストが発生しない401kのメリットは最大限活かすべきです。

 

元本を動かさず、平均取得価額を操作できる。

覚えておきましょう。

 

ただ、「平均取得価額は操作はできる」は、注意も必要です。

利益確定:買いより売りが難しい7(重要)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です