金融リテラシーのコンプレックスを助長する記事

日本人は、金融に対する知識(金融リテラシー)が低いと云われることがあります。

今週号(4/2号)の日経ヴェリタスに、『金融に関する知識、日本人はやや低水準』と題した記事が載っています。

 

2016年公表の金融広報中央委員会の「金融リテラシー調査」と経済協力開発機構(OECD)調査を基にした、世界31カ国・地域の順位を評した記事です。

ここでも最後に順位を記載しておきます。金利やインフレに関する共通設問6問の正答率を単純平均した結果だそうです。

 

経済大国の日本、24位。各国に経済協力する側の国なのに、協力を受ける側の国々のほうが、知識が高い。

コンプレックスになりますね。

「将来に備えて資産を守るためには運用による資産形成は欠かせず、金融知識向上が課題だ」と記事は締めくくっています。

 

おや?

でも、順位には、中国がない、ドイツがない、そして米国がない。

どんな基準で31カ国が選ばれたのか、記事からはさっぱりわかりません。

どう選ぼうが、日本より上には24もの国は少なくともあるのだ、と言いたげです。

 

米国がもし日本より低い順位であったら、成り立たない記事ではないか、そんなことをふと思いました。

米国は、確定拠出年金の生まれの国。資産運用の知識が人々に広く浸透しているのか。

でも、富裕層が占有する資産の割合は、日本をはるかに凌ぐはず。

世界一の金持ち国だからといって、一般市民の金融リテラシーは高いとは言えないと思います。

 

この記事に登場する日本より上位には、経済的に苦しい国も並べます。

経済が苦しい環境で生き延びるには、外貨獲得の術、インフレを予知する能力などが、

一般市民レベルで自然と育まれても不思議でありません。

 

日本は豊かだから、金融リテラシーが向上しない。確定拠出年金(401k.iDeCo.DC)の商品比率が圧倒的に高いのが元本確保型である。

闇ドルが横行する国で、確定拠出年金が導入されたら、どんな商品比率がポピュラーなのでしょうね。

 

■金融リテラシー(正答率が高い順)

1.香港

2.韓国

3.エストニア

4.ノルウェー

5.フィンランド

6.ラトビア

7.ニュージーランド

8.フランス

9.カナダ

10.オーストリア

11.ベルギー

12.オランダ

13.リトアニア

14.ポルトガル

15.ハンガリー

16.トルコ

17.ジョージア

18.チェコ

19.ポーランド

20.ブラジル

21.ヨルダン

22.クロアチア

23.英国

24.日本

25.ロシア

26.アルバニア

27.南アフリカ

28.タイ

29.ベラルーシ

30.マレーシア

31.バージン諸島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です