どの道も正しい

死に際に、お金のことで憂える人はいないといいます。

焼かれた骨はすべて同じ。

世の中、正解は一つでない。どの道も正しいです。

 

私たちはビジネスに身を置いていても、「学校のテストは答えは一つ。ビジネスは違うよ、答えは色々ある」と云われます。

でも、複数の正解を同時に考えるのは難しい。複数考えているつもりでも偏見の壁が付きまといます。

 

多様性の重要性も問われています。

日本人には、なかなか体得できないです。

多様性を英語でもじった「ダイバシティー」は、日本でも言葉が浸透してきました。

でも、日本でのダイバシティーはまずは女性問題。

たしかに永遠のテーマではありますが、世界に目を向ければ、人種差別、政治思想、宗教、政敵マイノリティー、民族問題などを総称した用語です。

 

日経新聞、今年最初の『私の履歴書』は、カルロス・ゴーンでした。

日本の日産とフランスルノーのトップ。世界を股に掛けたビジネスマンの極みです。

ダイバシティーといえば、カルロス・ゴーン。

本人のコメントにも、ダイバシティーは多く現れます。

私の履歴書を読むまで、彼はフランス人だと思っていました。

ブラジル生まれ。その後、祖父の故郷レバノンに移住し青年時代を過ごし、

高等教育を受ける段階でフランスにやってきました。

履歴書の終わりに近づく頃には、自身の子供のことも述べています。

子供は4人いて、長女はブラジルで、次女、三女、長男は米国で生まれ。

各国の教育環境で育て、その中には日本も含まれます。

 

複数の正解、ダイバシティー…、とても難しいです。どの道も正しい。

確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)は、こうした感覚をトレーニングする機会としても最適です。

相場の世界は浮き沈み。リニア(一直線)には経済は成長しません。

ポジティブもあればネガティブ。

私は、確定拠出年金の資産を毎日僅か数パーセントですが、世界の動向をみてスイッチングを続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です