シャープレシオ2

シャープレシオとは、資産から得られる収益率と、価格変動リスクとの関係を示す指標です。

価格変動リスクとは、価格の下落だけでなく、予想外の急上昇も見込んだリスクです。

リスクというよりは、価格のブレを示します。数学的には、標準偏差で表します。

 

シャープレシオは、収益率を標準偏差で割って得られます。

この数値が高いほど、効率よく資産運用しているとなります。

 

今、2つの資産があるとします。

資産A:収益率5%、標準偏差25%

資産B:収益率2%、標準偏差10%

 

資産Aは、収益率と標準偏差がともに資産Bより高いです。

リスク(標準偏差)をとっているので、リターン(収益率)が高い。

資産Aは資産Bに比べ、ハイリスク・ハイリターンといえます。

 

シャープレシオを算出してみましょう。

資産A:シャープレシオ=5/25=0.2

資産B:シャープレシオ=2/10=0.2

どちらもシャープレシオは同じです。

 

ドキドキしながら運用を続けた資産A。

でも、そんなにドキドキせず安心して運用できる資産Bと、リターン獲得の効率性は遜色ないといえます。

この結果は、「資産Bは、安心して着実にリターンを得られる」とも云えますし、

「運用効率が同じならリターンが多い資産Aがお得」とも捉えられます。

 

ご自身の確定拠出年金(401k,iDeco,DC)の運用商品のシャープレシオは、投資信託情報サイト『モーニングスター』などで確認できます。
シャープレシオ3

シャープレシオ1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です