投資に男女差はあるらしい、それはさておき

男性は、頻繁に売買する傾向が高いそうです。

 

FXの世界では、機関投資家が恐れるミセス・ワタナベは有名です。主婦層の売買が可能な日中の時間帯に相場が大きく動くことから、日本ではありふれた苗字の「ワタナベ」さんは世界に知られています。

そうなると、投資の男女差なんて実は無いのかもしれません。

 

男女差はさておき、ここで述べたいのは、性格的に売買にのめり込みがちな人へのアドバイスです。

 

確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)は、スイッチング費用がゼロ。毎日できます。このメリットを最大限活かしましょう。

 

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
にほんブログ村

節税・税金対策ランキング

 

私も、なにを隠そう、のめり込みタイプです。

 

確定拠出年金だけでなく株式投資の愛好家です。情け無いほど利益は出せませんが、好きです。

知識と技術、先見性がありません。それだけでなく、性格によると思ってます。

株価チャートをじっとみていると、何かが閃きます。技術会社に勤めている気質でしょうか。理科系です。

 

頭が、問題解決型の思考なのです。「じっとみれば問題がわかる、そして解決できる」、無意識のうちに思考回路がそうなっています。

因果律で物事をつい捉えてしまうのです。

それは楽しい。ただ、正しいとは限りません。確率的にはかなり間違ってます。

 

株式投資の中でも、過激な「信用取引」にハマっていた時期もあります。証券会社から、借りた株を売ったり、高い金利で金を借りて株を買って、利益を出す投資です。

買いだけでなく、売りでもチャンスがあることから、常に楽しめます。因果律の応酬です。常に閃いてました。

 

その結果は、惨敗の山です。昨年2016年前半に足を洗いました。昨年前半と云えば、マイナス金利です。株式市場は大暴落でした。

個人は、もちろんプラス金利で証券会社から金を借ります。知識にも技術にも乏しく資金力がない私は、相場の大波にのみこまれました。

押し寄せる追い証の大波。追い証の返済のため消費者金融から借りようとする自分の姿が夢に出てきました。

 

信用取引はやめました。

と、ほぼ同時に熱を帯びてきたのが確定拠出年金のスイッチングです。毎日行い、記録を付けるようになりました。

 

禁煙パイポみたいなものです。

 

過激な売買はやめることができてます。

むしろ、株式投資のパフォーマンスはよくなりました。確定拠出年金は「順張り」なので、株式投資は「逆張り」思考に変わりました。落ち着いて株式売買ができるようになりました。

 

のめり込みタイプの方。確定拠出年金の毎日スイッチング、お薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です