ESG投資とはなんぞや?学びたい

確定拠出年金とか株式投資をやっていると不思議なもので、保有している商品や銘柄が好きになってきます。「儲かるから持っている」は後付けの理由になっていることが多いと思います。苦しいときでも保有したから好きになる。愛着がなければ長続きしません。

 




どこかには愛着がある

デイトレをやっている人はどんな心境なのでしょうか。名著『ウォール街のランダムウォーカー』には、「チャーティスト(株価チャート信仰者)は窓のカーテンを閉めるほどあらゆる情報を排除する」といった旨の記述が出てきます。天気の情報であろうと無駄な情報は一切廃絶して、チャートの浮き沈みだけを頼りに売買する様を皮肉った言です。ランダムウォーカーとは日本語では酔っ払い。「酔っ払いの気分で適当にインデックス・ファンドを購入していても、専門家が知恵を絞って運用するアクティブ・ファンドのパフォーマンスを上回ることができる」という理論武装として本書は有名です。

デイトレーダの多くは、窓のカーテンを閉め切っているとは思えません。短期的には頑張れても、長続きしません。だからこそ、昨今の無機質な高速売買、AI依存の売買には驚異を感じます。

 

ESG投資を学びたい

ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の略です。

株式を買うならESGに積極的に取り組む銘柄を買おう!そんな機運が高まっています。でも、株式投資の現場で戦っている人達には、正直なところ余り響いていません。

総論賛成、でも利回りは先々上がるの?なまじっか株式の知識があると疑問に感じます。私の現在もそんな状況です。銘柄選びには雑念を捨て慎重でありたいです。

ところが一方で日々感じるのは、確定拠出年金の味気なさです。毎日スイッチングしていますが、無味乾燥な加入者サイトにログインしなければならないと思うと、仕事を終えて疲れ切った頭脳はかなり辛いです。。その点、同時に行なっている株式投資は商機盛んな証券口座サイトにログインするとモチベーションがあがります。

この違いは大きいです。株式投資は確定拠出年金に比べればスキルもなく片手間なのだから、どうせやるなら総論賛成ESG関連に投資したいと思ってます。でも勉強不足の状況です。勉強したいです。

直近の株高で余裕が出てきた投資家は沢山います。そこに当て込んだのか、昨日11/28日経新聞マーケット欄は『ESG投資 株高導くか』をじっくり読みました。

 

まとめ

ESG投資も大事ですが、まずは確定拠出年金です。

私は企業型確定拠出年金(401k)なので、勤め先の意志での強制加入です。無意識のうちに感じる強制力のためか、随分長い間、ほったらかしにしてました。自分の反省から思うのは、まず目を向けてみよう!私のような毎日スイッチングは極端な運用だとしても、ときどきでもご自身の運用状況を確認するだけでグッと愛着が湧きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です