6/21週振返り:ゴールド、2,000ドルが早くも射程圏内!?

ゴールドは2012年以来の高値です。

6月のFOMCを経て、米政策金利は2022年までは据え置きとの見方が固まってます。その流れにしっかり乗っているのがゴールドです。

4〜5月にかけて経済再開で明るさが戻ったものの、新型コロナ以前に戻る目処は立っていません。もはや第2波がやってきたといっても過言ではありません。

FOMCはマイナス金利策の導入は強く否定しています。ただ、10年債利回りは1%を下回る状況では既に実質金利はマイナスに入っていて、政策金利も追随せざる得ないのではないかとの見方をマーケットは強めています。

6/19、ゴールドマン・サックスが金価格の見通しを11%引き上げ、1年後には史上最高値の2,000ドル水準に達するとのレポートを公表しました。

https://jp.reuters.com/article/goldmansachs-research-gold-idJPKBN23S0WM

そんなレポートに勢いを得たのかゴールドは上がり続けています。昨年は1,200ドルを割り込んでいたゴールドは、今週になって1,800ドルに触れました。

株式相場の勢いに陰りが見えてきた現状では、2,000ドルは射程圏内にみえてしまいます。ゴールドなんて興味なかったけど、今から買っても大丈夫かな??

 

6/21週間ツイート

■6/22(月)





■6/23(火)


■6/24(水)





■6/25(木)


■6/26(金)