10/20週振返り:ドル円108円台にへばりつく、日銀追加緩和なしの見込み

週半ばに先週のツイートを振り返ります。トレンドの変化を感じてもらえればとおもいます。

10/29〜30が米FOMC、10/30〜31が日銀金融政策決定会合です。米国の決定を受けて調整の余地があるので、日程的に日本が後になるので心理的に楽になります。

先週あたりは、米国は先月に引き続き10月も利下げの観測が強いです。一方、日銀は現状維持の様相。10年債のマイナスを深掘りしても効果が薄いとみているようです。イールドカーブを立てるなら短期債へのテコ入れか。

現状維持でも円高進行しないとの見立てです。先週はドル円は108円台台でピタリと止まってしまいました。円安基調で株式市場には心地よい風でした。日経平均は年初来高値更新が今週になっても続いてます。2万3,000円目前です!

 

10/20週間ツイート

■10/21(月)





■10/23(水)





■10/24(木)


■10/25(金)