12/2週振返り:ファーウェイCFO逮捕でつかの間の一服吹っ飛ぶ

週半ばに先週のツイートを振り返ります。トレンドの変化を感じてもらえればとおもいます。

 

足元の米10年債利回りは2.89%。今週になって上昇をはじめましたが2.8%台です。先週は5年債と2・3年債との間で「逆イールド」で慌てました。

OPEC総会では減産合意に至れず、翌日のロシアを加えた会合で日量120万バレルの減産で合意できました。その内80万バレルがOPEC分です。

週末金曜日の11月米雇用統計発表は、非農業部門雇用者数が前月比+15.5万人で増加ペースは鈍化、失業率は3.7%を堅持、時間当たり賃金は前月比+0.2%で伸びが続いています。大きなサプライズはなく無難に通過した感です。

中国ファーウェイCFO逮捕で、貿易摩擦の一服感も吹き飛びました。本日になって保釈が決まり、日本市場に良い風が吹きました。それでも日経平均は2万1,000円台半ばです。2万2,000円がまた抵抗線になってしまうのでしょうか。厳しい状況には変わりありません。

 

12/2週間ツイート

■12/3(月)




■12/4(火)

■12/5(水)




■12/6(木)

■12/7(金)