9/1週振返り:ゴールド輝きにぶる、長期金利が各国で反転上昇

週半ばに先週のツイートを振り返ります。トレンドの変化を感じてもらえればとおもいます。

英国では合意なき離脱への危険性がほんの少しやわらいで、香港では逃亡犯条例改正案を正式に撤回となり株式市場の追い風となりました。9/5のジャンプアップで日経平均は2万1,000円台を回復しました。

今週になっても勢いは続いています。米中協議の進展への期待が高まっています。

こうした政治的な明るい兆しとは別に、長期金利(10年債利回り)の反転上昇が効いているようです。米国は1.4%、日本は-0.3%、ドイツはなんと-0.7%の水準まで潜り込み浮き上がってきました。買い進みの危険を察知したマーケットが自律反発に動いた感です。

ゴールドも輝きが鈍ってきました。NY金は足元1,500ドルを割り込んでます。

 

直近は東証1部売買代金が2兆円を超える日々がポツポツみられ売買に活気が戻ってきました。

ただ、長期金利やゴールドの反転の持続性には疑問です。膠着すれば株式相場も閑散。身動き取れない日々がまたやってくれるのか気がかりです。

 

9/1週間ツイート

■9/2(月)





■9/3(火)

■9/4(水)





■9/5(木)

■9/6(金)